とある鍼灸学生の日記

鍼灸師+アスレティックトレーナーを目指す学生のブログ、日々感じたことなどを中心に自己満で書いていきたいと思います!

最近聞かれて意外と困る事…

最近。
いろいろな人と話す中で聞かれて困る事…
と、言うか上手く話せないことがあるのです。

それは!
「なんで鍼灸師になろう思ったの?」
「なんでトレーナーを目指してるの?」


んー、理由はたくさんあるのだけれど
上手くまとめて話せない…

今回は鍼灸師になろうと思った
キッカケをまとめたいと思おます!
いくつかあるので分けてみます。


まず一つ目は

【治療院が大好きだった】

これなんです。大好きでした。
ちょっとしたことでも通うくらい笑
自分は大きな怪我はないもの、捻挫など小さい怪我を繰り返していました。
そんな中でもちろん整形外科に行くわけですが……
いつもレントゲンを撮って、
ちょっと触って、
湿布と薬を出して、
安静にしてくださいねーでした。
この流れ作業的な感じが苦手で…

治療院はと言うと
話を聞いてくれて、
いろいろ触ったり、動かしたり
時間も特に気にせず診てくれてました
久々に行っても覚えててくれたり
なんか、心のこもった感じが好きでした笑
手作りの湿布を作ってくれたりすることも!
それに、慢性的な怪我で行った時は
練習の内容を当てられたことがすげーってなって笑
いろいろなケアのできることなどで、
いいなこのお仕事と思ったのが最初のキッカケです笑
とはいっても鍼灸は受けたことなかったんです。


【身近な人が困っていた】
2つ目はこれですね。
身近な人が困っていました、何人も
怪我が原因でサッカーを辞めた弟や友人
体調不良が続く友人……
大切な試合に出れない部員。
結構、身体のことで困ってる人が多くて…
その人たちを見てると頭をよぎります。

治療院好きだし、良い仕事だよなーと笑

自分が勉強することでその人たちのような人を
助けていける仕事はとても魅力的でやりがいがあるなと!
そして、助けてやりたいと!


【デスクワークが嫌だった】

これはですねー、父の影響ですかね。
父はサラリーマンでデスクワークですが、
とりあえず辛そうな印象で、
尊敬はしているけど自分には向かないなと

それに、結果が見えないような気もするし
机に向かうって言うのがもう、勉強みたいで。
組織の中で働くのは窮屈そうだったので笑
勝手な偏見ですが……


【身体のことを考えるのが好きだった】

なんか変態っぽいですけど、
これはサッカーをする時によく考えていました!
と、いうより考える環境にいたという感じで…
顧問の先生が結構勉強していて
身体の動かし方など結構細かく教わっていたこともあり、自然と考えていました笑

1番すごいときは歩き方からすごい意識したり、
立ってる姿勢とか、日常から考えていました笑
てか、考えるのが好きでした笑
その時の自分に言いたい、
解剖勉強しろよと…

今思うと、顧問の先生は素晴らしかったですね。


【サッカーが好きだから】

これは鍼灸というよりトレーナーのほう?
とはいっても鍼灸を受けたことがない自分が鍼灸にすることにした大きな理由です!

入学前、整骨院が好きだった自分は
柔道整復師になろうと考えていました。
ですが、
小さい頃から将来はサッカーに
携わる仕事をすると思っていたので
同時にトレーナーにもなりたいと考えるように……
で、Google先生に聞くと
Jリーグのトレーナーは
鍼灸+ATを持っている人が多い!
これは鍼灸取るしかないって笑
今思うと単純すぎて笑

運が良いことに、整骨院の先生も鍼灸を持っていて
そこで初めて鍼灸を体験しました笑

そして鍼灸を調べていくと
なかなかすごかったりして
鍼灸の学校へ進学することにしました!


以上が主なキッカケです!


こう見ると、好きなだけって感じで笑
自由に好きなことやりたい人みたいな感じですね。
こうやって文にしてみるとわかることもありますね!