とある鍼灸学生の日記

鍼灸師+アスレティックトレーナーを目指す学生のブログ、日々感じたことなどを中心に自己満で書いていきたいと思います!

読書の秋?スポーツの秋?食欲の秋?

今年の秋は何処へ?というような気候ですが、秋に関する東洋医学について、ふと思ったことをまとめてみたいと思います。


僕の誕生日は9月上旬。
今年の誕生日は嬉しいことに沢山の本を頂きました!
本を頂くことはなかなか嬉しいことであります。
沢山溜まった本を暇な時に読んでいるときに思ったこと。
「読書の秋ってなんで秋?東洋医学的には?!」
そんなことで秋にまつわる東洋医学、考えていきたいと思います。

〜の秋は沢山ある!

日本人なら少しは意識したことのある
「〜の秋」
それも1つだけではなくて
読書やスポーツ、食欲、芸術、行楽
なんだか沢山思いつくと思います。
なんでこんなに沢山あるの?
読書は頭を使って、スポーツは身体を使う
対照的だけどなんで?
そもそも食欲ってそれ以外だし……
いやいや、ちょっと待てよ……

「共通点あるじゃん、東洋医学すごいじゃん!」

東洋医学で考える秋について


ここから陰陽五行で考えていこうと思います。
読書、スポーツ、食欲……
いろいろありますが1つずつ考えてみると
本を読んで頭の中でいろいろ考える読書、
身体を動かして楽しむスポーツ、
美味しいものを沢山食べる食欲、
米、さつまいも、栗などの旬の食べ物

これを五行に変換すると……

頭の中で考えるのは「思」
身体を動かすのは「肌肉」
沢山食べると言えば「脾」
旬の食べ物は「黄色」「甘い」

あれ、全部脾タイプじゃないですか!
五行で秋は肺のはずですが……

このズレはなんだろう?

そもそも、東洋医学は古典的なもの。
旧暦との関係があるのかもしれないと思ったけれど、旧暦は1月1日に新春というように、少し早まるので当てはまらない。

そうなると、脾の「長夏」にヒントがあるはず……
脾の五季は長夏と教科書に書いてありますが、「土用」とも言います。土用は、四季の移り変わる時期を指していて、今では夏の土用しか身近に感じませんが、本当は1年に4回あるもの。
秋の土用は10月の中旬から11月の初めにかけて、この時期が脾に当てはまる理由かもしれない。

また、脾は肺の母にあたるので「〜の秋」と言われているように脾が旺盛になるのかぁ……?

いろいろ考えてもよくわからない

今の僕にはこれが限界。
これからいろんなものを吸収してわかりやすいように伝えていきたいものです。
ただ1つ言えることは、読書やスポーツ、食欲の秋は昔の人たちが心地好いと感じたからいい伝わっているはず。
東洋医学は自然の中にあるということですね!

山と東洋医学のお話。

8月の終わりに日本で5番目に高い山

槍ヶ岳に登ってきました。

本格的な登山は初めて。

上高地から横尾を通りババ平で一泊し、山頂を目指す定番ルート。

そんな登山の中でぼくが感じた東洋医学についてまとめていきたいと思います!

 

山の中の時間はゆっくり

山では街で当たり前のことが当たり前ではなくなることが多いです。

暇な時、ついつい見てしまうスマートフォンは使えない

街では情報に溢れている景色も、空と山と川だけ

食料も限られているし、夜には電気も使えない。

山にいると自分と自然に向き合える。

そんな中でたった2日間過ごして

普段考えないことだったり時間ってこんなにゆっくりだったんだなぁと思ったり

そこで下山中にふと思ったのが

「そういえば東洋医学っぽくない?」でした。

 

山で感じた東洋医学

ここからは、登山を通してぼくが感じた東洋医学について話していきたいと思います。

山はよく天気が変わりやすいと言われています。

本当にその通りで標高が高くなるほど天気が変わりやすいです。

実際に今回も頂上では嵐のような天気でしたが、

f:id:tomoking2037:20170912213329j:image

 

 下山中に振り返ると晴天になっていました。

f:id:tomoking2037:20170912213409j:image

「あれ、この感じ肺じゃない?」

肺は皮毛を主るとか、華蓋とか上の方にあるから山頂に当てはまるし

嬌臓のように不調が起こりやすいというのも、天気が変わりやすいというのに当てはまる。

それに水の上源というように山頂付近では岩の間から水が流れていたり......

これは山は上に行くほど肺タイプになるのでは。

 

逆に麓はどうだろうか?

麓は観光地で有名な上高地

そこにある河童橋の下には流れが強くてとても冷たい梓川が流れている。

山頂を肺タイプとするなら身体の中で一番深いところに存在する腎タイプでは?

確かに川の水は多いので腎タイプに当てはまるし、川の水は凍えるほど冷たのでこれも腎タイプ。

それに上高地から本格的な山道に入るまで11kmほどありますが

そんな平坦な道を静かに、不安だと思いつつひたすら歩くこれもなんだか腎タイプ。

そして何よりバスから上高地に降りた途端深呼吸をしたくなったのは腎タイプなのでは。

f:id:tomoking2037:20170912222726j:image

 

「こう考えると五主で標高別に考えられそうだ!」

 

麓の次は少し山道になってくる場面

ここを肝タイプだとすると

周りはまだ森で緑豊か、早く上に行きたい気持ち

心拍数も上がってきて全身が温まってるはず。

そして山頂が少し見え始めて

「登るぞー、山頂楽しみだぞー」と思い始めたのは肝タイプなのでは?

f:id:tomoking2037:20170912222835j:image

 

 

本格的な山道になってから1日目に泊まるテント場までは脾タイプ

山道を登っているとだんだん悲鳴を上げて行く筋肉

頭の中では夜ご飯食べたいなぁ、疲れたなぁ、寝たいぁ

そして休憩の数と携帯食の消費が増えるタイミングでもあると思います。

テント場について夜の宴をして、だらだらしている時が一番の喜び、脾タイプですね!

f:id:tomoking2037:20170912222255j:image

 

2日目の朝は心と言いたいところですが......

あまり当てはまることがない。

でも朝起きてからのの火のような勢い溢れるやる気やワクワク感は心タイプなのかなぁ

f:id:tomoking2037:20170912223605j:image

 

微妙な終わり方でしたがこんな具合です。

自然の中で感じられる東洋医学

自然の流れからできた東洋医学

沢山感じて直感で東洋医学を語れるようになりたいものです。

まだまだ登山も始めたばかりなのでもっと登っていろいろなことを感じて行きたいと思います!

 

まとめ

五主で考えると

 

肺→皮毛→山頂

心→血脈

脾→肌肉→テント場

肝→筋

腎→骨→麓

 

山頂→肺タイプ

麓→腎タイプ

その間は麓から 肝→脾→心

 

 

最後に綺麗な写真。

 

f:id:tomoking2037:20170912223803j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気・血・津 続編

 

いやー、この前の記事を書いてから随分と時間が経ってしまいました......

学校のテストだったり、ATの実習だったりその他諸々で結局このタイミングに。

気を取り戻して続きを書いていきたいと思います。

前回の記事はこちらから

気・血・津 - とある鍼灸学生の日記

ということで前回は「気」について書いたわけですが、少し書き忘れていたこともあるのでそれからまとめていきたいと思います!

 

気の作用

気の作用には

「推動作用、温煦作用、固摂作用、防御作用、気化作用」

 の5つがあります。

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

推動作用

字から考えてみると

推→前の方に押し出す

動→うごく

と言うことで動かすことに関係があります。

もともと気は活動性の高い物質で、人体を絶えず休むことなく運動しています。

 そして、気を動かすことで成長・発育だったり臓腑の生理活動を促進しています。

それ以外にも、血や津液、精なども押し動かすようです!

推動作用は動かして生理活動に関係します!

 

温煦作用

字からして暖かそうなこの作用は

人体の組織・器官を温める作用のことです!

気によって産生された熱をつかって組織や器官を温めて生理活動がスムーズに行われるようにしています!

温煦作用は体を温める!

ってことは体の冷たい部分には気が少ない?!

 

固摂作用

この作用は体内で作られた生理物質である精・気・血・津などを体内にとどめている作用です。

過剰に外に出さないようにすることで正常な分泌や排泄を維持しています!

寝汗がひどかったり、アザができやすいなどといったことが起こります!

 

防御作用

防御とあるようにバリアのような作用です!

この気があることで外から入ってくる悪いものが体内に入ることを防いでいます。

また、体内に入った後も抵抗する力があります。

身体にとっての城壁と守衛のような作用です!

この作用が少ないと簡単に風邪を引いたりするということです!

 

気化作用

最後の作用は気化です。

気化というようにいろいろなものを変化させる作用です!

食べたものを気・血・津に変化させたり、生理物質を汗や尿に変化させたりなど!

 

まとめ

  • 推動作用→動かす力
  • 温煦作用→温める力
  • 固摂作用→留める力
  • 防御作用→まもる力
  • 気化作用→変える力

 

 

 

 

 

 

 

 

気・血・津

最近、学校でも東洋医学を常に考えると
良いよと言われ始めてきました!

そして、新任で来た先生が東洋医学を面白く教えてくれるので同級生が東洋医学に目覚めて来てます。
これは負けてられない。
なので、このブログを通じで東洋医学をもっと
考えていく場にしていこうと思います!

まず始めは、

『気・血・津』

について!

東洋医学を考えるのに必要不可欠な考えからです!
気・血・津はなんとなーくわかってるようで
ちゃんとわかってないことです。

それでは『気』から!
日本語にも「気」のつく言葉がたくさんあります。
例えば、元気や気分、気持ち、気がきく、気を使うなどなど色々な場面で使うことが多いです。
どれも共通するのは目に見えないということ!
目に見えない「気」にはどんな機能があるのか考えていきたいと思います!
東洋医学的には、
「原気、宗気、営気、衛気」
の4つに分けられます。
そして
この4つは大きく分けて2つに分けられます。

先天の精→先天の気からできる→原気
後天の精→後天の気からできる→宗気、営気、衛気

先天?後天?なんだなんだ?
先天とは生まれる前から〜
後天は生まれた後から〜
とういことで

先天の気は先天の精という親から受け継いだ物質を変化させたもので生命活動の原動力になるそう

後天の気は飲食物から得られるもので、わかりやすく水と穀物と考えて水穀の気ともいうみたいです!

簡単にまとめると
もともと備わってる気→原気
補給しなければいけない気→宗気、営気、衛気
なるほど〜
少しわかってきた!

気の出どころはわかってきたので
機能も見てみましょう!

まずは

『原気』

原気は先天の精を元とした先天の気でした!
なので、
臓腑のを動かしたり、成長を促したり、生命の原動力になるので元気とも呼ばれます!
そしてこの原気は三焦を通って全身に分布していきます!
おぉー、ということは!
アンパンマンは、ジャムおじさんの作った新しい顔、先天の精で元気100倍になるってことですね!笑

次に

『宗気』

宗気は水穀の気と自然界の精気(酸素)からできる気で、主に2つの作用があります!
1つ目は呼吸や発声をしっかりさせる!
2つ目は心臓の拍動を力強くして、血の運行を促進させる!
ということで呼吸機能と循環機能支えるエネルギー!
でも…酸素からできる気なのに酸素を送る機能を支えるのは変ですね〜

次は

『営気』

こいつは割と簡単で豊かな栄養素の持ち主で臓腑など全身を栄養している奴!
栄養素というだけあって水穀から出来ますが、その中でも陰性の気のことを営気といいます!
そして、血の素ともなって脈中に入り全身を巡ります!
営気は栄養素!
アンパンマンが顔の一部をあげてみんなを元気にさせるのは営気由来ってことですね!

最後に

『衛気』

こいつはなかなか面白い奴で、
いわゆるバリアーの役割をする守り主です!
この、バリアーも水穀から得ることができますが営気とは違く陽性の精のことを衛気といいます。
バリアー以外にも、体温を維持したり、発汗の調節をしたり、病気にならないようにしています。
さらに、
日中は衛気が体表を巡り、夜になると体内へ帰ってしまいます。だから夜は布団をかけて暖かくする訳です!
アンパンマンは頭だけ衛気流れてないのかな〜笑

気については以上です!
まとめると、
「気」は目に見えないもので、色々なものに変化して全身を巡り体を動かしている!


次回は血と津について!

髪を切る時に思うこと…

最近、髪を切りに行く時に思うこと。
それは
美容師って鍼灸師とかトレーナーと
共通する部分が多いなーと。

とくにそう思うことは
アシスタントの人!
アシスタントの人はスタイリストの人が
次に何をするかを予想して
ドライヤーを用意したり
ワックスを用意したり
鏡、タオル、雑誌、マッサージ……
色々先を読んで動いています。

あー、これって先生も言ってた事だなー
実際にアシスタントの人が動いているのを見ると
やっぱり大切だなーって思ったり。
ちゃんと動いている人とぎこちない動きの人だと
印象が違うなーと思ったり。
動いてる人の中でも、
1つ1つの物の置き方、声のかけ方が丁寧な人は
すごい好印象になるなーと思ったり。
色々思うことが多いです。

そして、
大体シャンプーの時はアシスタントの人なんですが…
このほんの数分でその人の印象が決まると思っています。
今日の人は4月に就職した人でしたが…
タオルの掛け方、
ちょっとしたトーク力、
シャワーの使い方、
何処で習ったの?
って聞きたいぐらい完璧で丁寧。
多分、いままでで1番丁寧なシャンプー。
業務的にいつもと違うなーって所もあったけど
それを通り越して心のこもったおもてなしでした。

最近、
適当だよねーとか
雑だよねーと
良く言われる自分ですが…
今日のシャンプーの人のように
1つ1つ丁寧に意識して生活したいと思いました!

毎週木曜日

今日も勉強会でした。
毎週木曜日に勉強会ですが…
毎週のように

どれだけ
自分が使えない勉強をしているか実感させられます。

そして
どうやって勉強すれば良いのか考えさせられます。

学校では成績が良くて出来るキャラになっているけど
全然頭の中は空っぽなんだと…

今日やったことは

前回の復習

足関節テーピング
↑これは評価良かった!

腰痛の人の評価。
これの序盤に先生がやったテストの名前が全然出てこない。
学校でやったのに!
結局、ケンプテストってやつでやり方もほぼ忘れてて…
一回わからなくなると抜け出せなくなります〜
そして、わからなくなると元々のバカキャラが…
勉強会のみんなも笑ってくれるから良いけど
こんなキャラだと治療なんて出来ない…

あーこれからが不安だー

とりあえず人との接し方から気をつけたいと思いました!。

久々の勉強会

今日は久々の勉強会に行きました!
春休み後半は過去一で遊んでました笑

ということで
今日は何をしたかというと

「ストレッチ」

でした!

ストレッチは授業でやってるし
友達とも練習していたので
ある程度はできると思っていたら…
やっぱりレベルが低かったです💦

臀筋群のストレッチも外転方向と内転方向で
伸びるところが違うのは知っていたけど
しっかり作用がこうだから
この部位が伸びると考えながらできていなかったです。
今日はそこまで考えてやったので頭がパンクしそうです!

そして…
うつ伏せになってやる
四頭筋のストレッチが、
練習すればするほどできなくなって…
結局1時間くらい練習してました💦
結果的にはできるようになったのですが、
やっぱり
できる人のを見て、受けて
自分が試すの繰り返しをするのが重要です!


最後に今日感じた
ストレッチのコツは…
フォームです!
自分が楽で力の入れやすい持ち方
力を少なく済む立ち位置
とりあえずフォームが大切だと思いました!

とりあえず練習あるのみ!